ブログBlog

障がい理解のための展示及び体験が開催されます。

投稿日:2022年02月10日

 「知ろう!つなごう!配慮の輪」

例年行っている区民公開講座。コロナ禍であるため、昨年と同じく、集合型での開催は行わないこととなりました。

代わりに 展示及び体験として

「 障がい理解のための疑似体験 ~知ろう!つなごう!配慮の輪~ 」

場所は 東成区役所の1階 パンジー

期間は 2月14日~2月18日 9:00~17:30 

の5日間開催されます。

参加無料、障がいがある事の体験をして、楽しみながら配慮を知ってください。

皆様ぜひ! お越しくださいませ!!

 

満足度調査を行いました!!

投稿日:2021年11月08日

指定相談支援事業所東成育成園では計画相談を実施しております。計画相談支援のご利用者を対象にこの度満足度調査を行いました。
皆さまより大変貴重なご意見をいただきました。この場をもってお礼を申し上げます。ありがとうございました。
さて、アンケートでは、一定ご評価をいただきましたが、困った時の丁寧な説明や秘密保持に不服を感じているご利用者もおられました。
ご指摘いただいた事を心がけ、皆さまが当事業所を気持ち良く利用できるように努力してまいります。
今後共よろしくお願いします。

声かけ訓練に参加しました。

投稿日:2021年10月07日

コロナ禍で中止になっていた《声かけ訓練》が再開!!

東成区では各小学校下ごとに【地域福祉活動サポーター:通称 ひがしなりWELL-LINE】の方々がおられ、みなさん地域福祉の向上のため熱心に活動されており、東成区障がい者基幹相談支援センターのある中本地域にも、月一回の相談会や友愛訪問等、地域の隅々まで細やかに目を配り、住民の皆さんとの信頼関係がとても厚いサポーターさんがいらっしゃいます。そのサポーターさんが中心となり、地域の中で、ちょっと気になる人に声をかけたいけど…どうやって声をかけたらいいか…という地域の声に応え、4年前に初企画されたのがこの《声かけ訓練》です。”ちょっと気になる人”を演じるスタッフを配置し、住民の皆さんがグループになって声をかけ、支援機関に繋いでいくという流れとなります。コロナ禍の中、開催がなかなかできておりませんでしたが、感染状況も落ち着いてきた為、この度、開催が出来ました。今年度は、南中本公園だけでなく、コンビニや近くのマンションの一角をお借りし、演じるスタッフの演技にもますます熱が入り、東成警察にも協力を仰ぎ、区、社協、包括、区センター、地域の方が一丸となってイベントを盛り上げました。

第11回 東成区多職種連携会 大規模版が開催されました。

投稿日:2021年01月18日

コロナ禍に負けない連携を!!

令和3年1月16日(土)に東成区多職種連携会(大規模版)が開催されました。

今回は、今年度2回目のリモート開催という事で、参加の皆さんも慣れた様子で、進行もスムーズでした。

今年度のテーマである『非常事態下での連携を考える』の基、<新型コロナウィルスの特性について>や<濃厚接触者について>などを、東成区医師会より説明いただきました。

次にグループワークとして「コロナの濃厚接触が疑われる方の在宅ケア」の事例検討が行われました。各職種より様々な意見が出て、リモートとはいえ、活発な意見が交わされました。

今回も医師、歯科医師、薬剤師、訪問看護師、ケアマネ、民生委員、社協、見守り相談室、地域活動サポーター、区役所、相談支援専門員…と100名を超える方が参加し、東成区は、コロナ禍でも途切れない連携のある頼もしい地域である事を再認識しました。

 

初リモートのリポートです

投稿日:2020年10月24日

10月24日土曜日に東成区多職種連携会が開催されました。

今年度の多職種連携会は、新しい生活様式に併せ、初のリモート開催となりました。

当日は事業所ごとや個人でのリモート参加の他、密を避けたうえで区役所に特設会場も設けられました。

今回のテーマは「どこまでするの?感染症対策~感染予防についての「もやもや」をズバッと解決~」と題して、大阪はびきの医療センター臨床研究センター感染対策チームの橋本先生にお越し頂き、具体的な感染症の対策等についてお話しを伺いました。

第2部はこちらもリモートを活用し討論会を行いました。今必要な具体的対策等が中心で大変勉強になりました。今年度も参加者は100名を超え、様々な職種の方が参加されました。

東成区の連携はコロナ禍でも停滞する事なく行われています!!

多職種連携会は、医療、介護、福祉、地域の方も含めた多職種が集まり、顔の見える関係作りを行う会です。)

いろいろ相談会が再開しました。

投稿日:2020年06月12日

このコロナ禍により、中断しておりました、いろいろ相談会が再開いたしました。
いろいろ相談会は、偶数月の第二金曜日、東成区役所に出張し、様々な相談を受け付けております。
ご相談お待ちしております。

すごいぞ!東成区の”One team”力

投稿日:2020年01月18日

多職種連携会(大規模版)が開催されました。

東成区では障がいの関係機関の連携だけでなく、医療や介護、地域等々、多職種での連携が活発に行われています。その中でも最も大きな会となる多職種連携会(大規模版)が東成区民センターの大ホールにて行われました。今回は第9回となり、160名を超える参加がありました。参加職種は医師、薬剤師、看護師、作業療法士、理学療法士、医師会、地域のサポーター、社協、ケアマネ、相談支援専門員、障がい福祉サービス事業所、介護保険事業所、行政、基幹相談支援センター…等々、様々な連携機関が集まりました。また、外部からは大阪国際がんセンターからもご参加をいただきました。

麻野区長の挨拶では、会は東成区として誇れるものだとの言葉があり、これだけの人数が顔の見える関係である事に我々も感慨深い思いを抱きました。

今回のテーマはACP(人生会議)。

まずは目黒クリニックの目黒先生から、ACPについて講義がありました。ACPは人生の最終段階に置いて、その人がどこで、誰と、どのように最期を迎えていきたいのか、元気なうちから話し合う事が重要なのだとの話しがありました。

次に事例を二つ用意し、様々な専門的な立場から、本人の思いを大事に何が出来るのかを19のグループに分かれ話し合いました。大ホールが狭く感じられるほど、熱気のある活発な意見が飛び交いました。

最後に東成区医師会の長田会長よりお言葉をいただきました。連携を一つのボートにたとえ、全員が同じ方向をみてオールをこがないと全く前に進めない。皆が同じ方向を向く事で大きな推進力となり、前へ進む。昨年の流行語大賞になぞらえ、正に“One team”となって連携をしてく事が大事と締めくくられました。

東成区の連携力に頼もしさを感じつつ、会場を後にしたのでした。

 

 

ふれあい広場が開催されます!!

投稿日:2019年10月31日

ご来場お待ちしています!

毎年恒例の東成区のふれあい広場が11月2日(土)に開催されます。
当日、東成育成園ではクッキー販売の出店を行います。
また、当東成区障がい者基幹相談支援センターは、区の地域自立支援協議会として参加します。
地域自立支援協議会のブースは折り紙教室です。
当日の行進時に使うプラカードや、飾り付けの為の折り紙をせっせと作りました。
皆さまお誘いあわせの上、ぜひお越し下さい。会場でお待ちしています~♫

災害に備えましょう~

投稿日:2019年09月08日

地域防災フェアに参加してきました

深江小学校にて深江連合町会主催の深江地域防災フェアに参加してきました。
配られたしおりには、訓練のタイムスケジュールやどの教室で何の訓練がされているのかの見取り図が載っていて、“次はここに行ってこの訓練”とオリエンテーリングのような気分で参加できました。
福祉避難所開設にかかる情報連絡や医師・看護師による災害時の応急手当てを中心とした医療救護訓練を専門職の方達と一緒に学ぶことができる良い機会となりました。


顔の見える関係作り ~隣は何をする人ぞ~

投稿日:2019年06月12日

東成ing(東成区障がい福祉サービス事業所連絡協議会)の総会が開催されました。

東成区では10数年前から東成ing(東成区障がい福祉サービス事業所連絡協議会)の活動を行っています。
東成ingは東成区の障がい福祉サービスを行っている事業所が集まり、勉強会や学習会、事業所の見学会等を行い、連携とスキルアップ、抱える課題について話し合い、自立支援協議会へ提言していくことが主な活動です。
総会は東成ingにとって会員である東成区の事業所が一堂に集まる一番大きな取組であり、必要な議決をはじめ、事業種別ごとに分かれ、抱える課題について活発な話し合いが行われました。
総会終了後は名刺交換を行い、情報交換や事業所紹介等が行われ、互いを知る良い機会となりました。

 次へ→

最近の投稿

アーカイブ