ブログBlog

東成区中本地域はアツイ!

投稿日:2018年06月07日

みんなでつながる《声かけ体験》に参加しました!!

東成区では各小学校下ごとに【地域福祉活動サポーター:通称 ひがしなりWELL-LINE】の方々がおられ、みなさん地域福祉の向上のため熱心に活動されています。
区センターのある中本地域にも、月一回の相談会や友愛訪問等、地域の隅々まで細やかに目を配り、地域住民との信頼関係がとても厚いサポーターさんがいらっしゃいます。
そのサポーターさんが中心になり、今回、企画されたのが《声かけ体験》です。

地域の中で、ちょっと気になる人・・・声をかけてあげたいけど、何を聞いたらよいのか難しいし・・・そんな声に応えたこのイベント!
東成警察にも協力を仰ぎ、区・社協・包括・区センター・・・そして、なにより中本地域の方々が南中本公園に大集合。
公園内に〔ちょっと気になる人〕を演じるスタッフを配し、住民の皆さんがグループになって声をかけ、支援機関等につないでいくという流れです。

”基幹”相談支援センターになりました。

投稿日:2018年05月15日

各区の障がい者相談支援センターはそれぞれ基幹相談支援センターとなり、身近な地域における中核的な相談支援機関の役割を担うよう、体制強化が行われました。                           今後は”東成区障がい者基幹相談支援センター”として、今まで以上に頑張っていきますのでよろしくお願いします。

仲良しグループの会♪

投稿日:2018年03月20日

区センターの重要な役割の一つが《つながり作り》です。
長くご自宅で生活されている方々の中には『話せる仲間がほしいな…』という思いをお持ちの方が少なくありません。
そのような同じ思いの方が集まってできた【仲良しグループの会】
たまに集まってお茶を飲んだり、近況を話し合ったり、時には世界の情勢の話題も!!
今回は、メンバーの発案で《輪投げ》を楽しみました。
得点は1万点から-500点まで(笑)
ルールなども互いに相談し、それぞれの得意が活かせるようなゲームとなりました。

普段、他の人と話す機会が少ないという方もこの日ばかりは大きな声で声援を送り、
スタッフが-300点を出すと、みんなで大笑い!!!

後日…『とっても楽しかった』と話していたことをヘルパーさんからお聞きしました。
まだまだ当事者活動とはいえませんが、まずは参加されてる方の笑顔のために!


東成ing学習会を開催しました!

投稿日:2018年03月07日

平成29年度 第2回 学習会~障がい者虐待対応について~

東成区障がい者支援連絡協議会(通称:東成ing)の今年度第2回目の学習会を行いました。
テーマを【障がい者虐待対応について】とし、東成区保健福祉課 花村課長代理にお話いただきました。

虐待に関する研修は数多く行われていますが、今回は東成ingならでは…ということで、
区や区センターで対応した実際のケースなども含めた内容となりました。

前半の講演では、虐待発見時の通報について
《迷う・・・ということは、気付いているということ!
《虐待か否かを判断するのは行政の役割。躊躇せず通報を!》
と、力強い言葉が印象に残りました。

後半はグループワーク~これって虐待かな?みんな、どうしてる?~
放デイ・生活介護・就B・居宅介護・・・さまざまな種別の事業所をミックスしての話し合い。
研修方法や職場の風通し、具体的な対応等々、各グループとも熱い意見交換がなされていました。



東成区民啓発講座、無事に終了しました!

投稿日:2018年02月19日

2月17日(土)…日本中が羽生選手の動向に注目している頃…
東成区民ホールにも多くの方が来てくださり、無事に開催することができました。

第一部は、大阪教育大学教授の新崎先生から
【助け上手・助けられ上手…公助・共助・近助・自助】についてのお話。
軽快な語り口調に加え、ゲームも交えながらの参加型の講演となりました。

第二部では新崎先生と地域で活動しておられる方々とのシンポジウム。
地域の方々の温かいお気持ちや当事者の方の逞しい言葉。
支援に携わる方々の頼もしいお話などなど…話題は尽きることがありませんでした。

また、会場内では区内事業所の作品展示も行い、来場者の目を和ませてくれました。

東成区自立支援協議会では毎年、区民啓発講座を開催しております。
皆様、来年もぜひご来場ください~!!

東成区民啓発講座のご案内!!

投稿日:2018年02月15日

障がいのある人もない人も共に地域で安心して暮らし続けるために…

私たちが参加している東成区の地域自立支援協議会では、
平成22年から区民啓発講座を毎年一回開催しています。

その区民啓発講座…今年は今週末の土曜日に予定されています。
テーマは【我が事・丸ごと・お節介のすすめ】です。

今回は、ここ数年、区内校下での見守り活動などにご協力いただいている
大阪教育大学の新崎国広教授を改めて講師としてお招きし、
第一部では《助け上手・助けられ上手》と題して、
地域共生社会の実現を目指したまちづくりについてのお話をいただきます。

また第二部では、新崎先生を中心に、地域で暮らす当事者の方や
それを支える事業所の職員。また、地域でともに暮らしながら
民生委員や地域福祉活動サポーターとしてご活躍の地域住民の方々とともに
《地域のつながりづくり》と題したシンポジウムを行います。

2月17日(土)14時~16時 東成区民センター大ホールにて
入場は無料!どなたでもご自由にご参加ください。手話通訳もあります。
また、場内では区内事業所の作品展も同時に行っております!
皆様、ぜひご来場ください~!!

第7回 東成区多職種連携会に参加しました!

投稿日:2018年01月20日

1月20日(土)東成区民センターにて、第7回東成区多職種連携会が開催され、相談員2名が参加しました。
今年のテーマは【自分の役割を見直し、他者の役割を知る】
地域包括ケアシステムといわれ始めている中、まさに地域資源を知る良い機会です。

今回は区センターとして参画している『在宅医療・介護連携推進実務者会議研修ワーキングチーム』も企画に加わりました。
総勢140名にも上る参加者で区民センター大ホールはすっかり熱気に包まれ、暖房もいらないほど・・・やっぱり東成区は《熱い!!》

第一部のグループワークでは、行政はじめ医師・歯科医師・薬剤師・看護師・ケアマネ・OT・PT・ST・MSW・地域福祉活動サポーターなどなど、
様々な職種・役割の方たちとのグループで《高齢の父親と引きこもりの息子》というケースの模擬ケア会議を行いました。
それぞれの専門性を活かした発言が熱く交わされ、今回のテーマを実感できる非常に有意義な時間でした。

第二部では『東成区障がい者・高齢者虐待防止連絡会議』が開かれ、区役所より虐待案件の通報件数や支援経過等が報告されました。
平成29年度に区内で障がい者虐待と判断されたのは2件。通報窓口の一つとして改めて気の引き締まる報告でした。

長終わった頃には頭の芯がジーンと熱くなるほどでしたが、それを上回る充実感と心地よい疲労感を味わえた研修会でした。

最近の投稿

アーカイブ

カレンダー

2018年6月

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

←前月 次月→